水垢注意!綺麗に見えるウォーターサーバーにもメンテナンスや掃除は必須!

水垢注意!綺麗に見えるウォーターサーバーにもメンテナンスや掃除は必須!

水垢注意!綺麗に見えるウォーターサーバーにもメンテナンスや掃除は必須!

更新日

お風呂やキッチン、洗面所など常に水を使用するような場所、もしくはケトルやポットなどは水垢が付きやすいですよね。毎回綺麗に拭いていても、濡れる⇒乾燥の繰り返しにより必ず水垢は発生してしまうそうです。そんな水回りの敵の水垢はウォーターサーバーにも無縁ではありません。ウォーターサーバーに迫る水垢とメンテナンスについて今日は見ていきましょう。

そもそも水垢は一体なぜできてしまうのでしょう。水垢は水中に含まれるケイ酸やカルシウム・マグネシウムなどのミネラル分が水滴として付着し、前述のように濡れる⇒乾燥を繰り返すことで空気中の酸素や二酸化炭素に結合して固形となり蓄積していきます。初期の段階では拭いたら取れますが、そのまま放置しているとどんどん強固なものになり、最終的にはプロの掃除屋さんに依頼して取り除いて貰わなければならなくなります。

水垢はミネラル分が原因になっているのでアルカリ性。そこにその名の通り酸性であるクエン酸を付けることによって、中和され分解できます。

水垢を落とすために用いられるのはレモンや酢に多く含まれているクエン酸です。水垢はミネラル分が原因になっているのでアルカリ性。そこにその名の通り酸性であるクエン酸を付けることによって、中和され分解できます。ただ酸性のものを付けることで、シンクや流しの塗装がはがれてしまったり、変色したりしてしまったら大変なのできちんと確認してから使用してくださいね。

では次にウォーターサーバーの水垢についても考えていきましょう。各ウォーターサーバー会社はサーバーを衛生的に保てるように努めた構造にしていますが、水が出てくる蛇口部分はどうしても水垢がつきやすいです。これは水を灌ぐときに水垢の発生過程である濡れる⇒乾燥を繰り返している為、防ぎようがないものです。しかしせっかく綺麗な水を購入しているのにコップに注ぐまでの過程で垢が混入することがあれば、何のために綺麗な水を購入しているか分かりませんよね…。そのようなことがないよう、こまめに掃除をしましょう。まず水滴が溜まりやすい蛇口部分は水滴をふき取り、長時間使わない夜の間にアルコールスプレーなどを吹きかけ掃除をすることも一つです。蛇口の入り口部分は小さく、タオルなどでは拭ききれない箇所もあります。そんな場所はめん棒などで掃除をするといいでしょう。水受け皿も溜まった水をそのままにしておくのは非衛生的なので、使用後はすぐにふき取り受け皿も一日1回洗剤で綺麗に洗うようにしましょう。

ただどんなに外側を綺麗に保っていてもウォーターサーバーの内側までは掃除することはできません。その為、内部クリーン機能がついていたり定期的にサーバーの点検・交換をしてくれる会社もあります。コスモウォーターの場合はコスモウォーターの独自の特許技術の鮮度キープシステムで、タンクの中に取り込むわずかな外気もクリーン化することにより雑菌の侵入を防いでいます。それと同時に48時間ごとに熱水を自動循環させサーバー内を清掃します(smartプラスのみ)。またプレミアムウォーターも基本的には日々のセルフメンテナンスで安心してご利用いただけますが、オプションで訪問クリーニングやクリーニングキットの販売を行っています。特にセルフクリーニングキットの販売は他の会社になかなかないプランなので、「定期的な有料メンテナンスは希望していないけれども、ふと気になった時に低価格で内部清掃が出来れば・・・」という方に選択肢を増やしてくれる便利なキットだと思います。

「自分でお手入れをするより、全部お任せしてしまいたい!」という方はアクアクララやクリクラがおすすめです。例えばアクアクララの場合は専任スタッフによる定期的なメンテナンスを実施しています。使用済みのサーバーを工場内で分解・洗浄し、傷んでいるパーツは取り換えながら再度組み立ててご利用いただける状態に戻します。組み立て後も動作に異常がないか、漏水はないかなどの動作確認、内部外部の除菌洗浄等を行い、再び自宅にウォーターサーバーを設置してくれます。クリクラクリクラミオに関しても同じように定期的なメンテナンスを実施していますが、それぞれの会社ごとにメンテナンスの対応も料金も変わってきます。

自宅・オフィス・店舗のどこに置いてあってもウォーターサーバーに水垢が付いていたら、このお水は本当に安全なのかなと心配になってしまいますよね。ウォーターサーバーを利用する家族、お客さん、患者さんが気持ちよく利用できるように日々のセルフメンテナンスを怠らないように気を付けましょう!またウォーターサーバーを選ぶ際には、水の料金やサーバーのデザイン性だけでなく、長く付き合うサーバーのメンテナンス方法にも目を向けてみてください!