ウォーターサーバーはなぜ病院にあることが多いの?

ウォーターサーバーはなぜ病院にあることが多いの?

ウォーターサーバーはなぜ病院にあることが多いの?

更新日

ウォーターサーバーが設置されている場所で最初に浮かぶのはどこでしょうか。ご自宅、美容院、フードコート、高速のサービスエリア・・・など人それぞれ異なるかと思いますが、病院で見たことのある方は結構多いのではないでしょうか。実際病院の規模や診療科に関わらず、ウォーターサーバー設置は多いと思います。ではなぜ病院でウォーターサーバーが重宝されているのか、考えてみましょう。

大きい病院になると受付から1,2時間待つこともありますが、その間に患者さんが一切水分を摂取しない可能性もあります。

病院に行く方は年齢性別に関係なく、身体のどこかに不調をきたしています。大きい病院になると受付から1,2時間待つこともありますが、その間に患者さんが一切水分を摂取しない可能性もあります。そんな時に怖いのは脱水症状です。脱水症状は体内の水分量が足りなくなると発症します。病院で診察を待っている間に倒れるという本末転倒なことにならないためにも、ウォーターサーバーがあれば綺麗な水で適度な水分補給が可能ですね!ウォーターサーバーの機能自体が既に世間一般的に知られている為、病院に来る多くの方が迷うことなく操作できるということも設置を増やす好材料かもしれません。

また、医療機関として患者さんの健康や体調への配慮という面もあると思います。喉が渇いた時にコンビニはや売店まで買いに行ければいいですが、その元気もない患者さんもいらっしゃいます。高熱の方は特に水分が欲しいと思うかもしれませんし、お年寄りの中には病院から出て飲み物を買い、また戻ってくることが大変、という方もいらっしゃることでしょう。そんな患者さんのためにはウォーターサーバーはとても便利です。他にもバリウム検査の後は体内から早くバリウムを出すべく水分を多めにとるようにと医者から指示がありますが、ウォーターサーバーが設置されていてすぐに水が飲める状態にしてあるととても助かりますね。

設置する側の病院の立場としては患者さんの体調に配慮していることを示せますし、通院する患者さんの立場からしてもウォーターサーバーの設置はとても魅力的だと思います。最近のウォーターサーバーにはデザイン性に優れたものも多く出回っているので、病院の雰囲気にぴったりのウォーターサーバーを見つけられると思います。